家族への手紙
by orsomare
メモ帳
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
カテゴリ
oso
eat / drink
scene
shop
home
etc
college
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


においの記憶

私は昔のことを本当によく覚えていない

子供のころに何度も東南アジア諸国を訪れた
そのそれぞれが明確でないのは
似通ったところがあるからだと思っていた

中学のときに円形脱毛ができたことも 母から聞いても他人のことのように思える
マイケルジャクソンのコンサートに行ったことも 姉から聞いてもあまり釈然としない

信じられないけど中年に差し掛かかるこの数年で
ひとつ以前より研ぎ澄まされたのが 嗅覚
6年くらい前からだと思う
鼻が 良くなった
においを 記憶できる

オーソのにおい
オーソのアレルギーのにおい
友人の 友人の家の 友人の犬の におい

思い描くと 鼻もそのにおいを思い出せる

日本の大好きだった祖母と祖父の家のにおい
その家に住む叔母が遊びに来てくれたとき スーツケースからそのにおいがした

介護をしているおばあちゃんのにおい
彼女の家のにおいと 糞尿と それからアイロンをかけるときのにおいと
足の痛みをとるためにつける 青いクリームのにおい

数日前まで一緒にいた シアトルの友人の赤ちゃんのにおい
においと一緒に その記憶の概念的なものが想い出される

忘れてしまったことは 残念だし 不思議だけど

オーソのにおいを想うと微笑んでしまうように これもそんなに悪くない
f0156235_1613195.jpg

[PR]
by orsomare | 2009-07-18 16:22 | etc
<< 渋柿 鎮魂 >>