家族への手紙
by orsomare
メモ帳
以前の記事
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
カテゴリ
oso
eat / drink
scene
shop
home
etc
college
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


変化と心

ブログで出会った 大好きな たぶん日本中で一番有名な犬が
数週間前に亡くなりました
飼い主は その愛する犬が老後を 
その犬が大好きな 山で駆け回って自由にのびのび暮らせるようにと
山の麓に家を建てている途中でした
まったくなんの変化もないある日 外出中に突然逝ってしまったそうです

私はたぶん 体の構造上涙腺のしまりが悪く しょっちゅう涙が出でしまうのだけど
これには本当に ショックで 脳よりも早く(それは論理的ではないけれど)
体が反応して涙と声が出ました



仕事が決まりました
一見論議ある決断で おめでとうとまだ言ってくれない人もいます

介護の仕事は 週に1回だけ 続ける予定です
次の上司も 介護先の雇い主さんたちも 私の立場と意向をよく理解してくれて
続けることを 支援してくれています

おばあちゃんのアルツハイマーは あきらかに進行し続けています
介護人の中には 鎮静剤を打ってほしいと 提案する人もいます
できることならば 出来るまで 出来る範囲で 関わらせて欲しいと思っています


介護人の一人が 今日は泣いていました
私はおばあちゃんの手足の爪を 初めて切ってあげることができました
オーソが なんだか心細そうだったので 早めに一緒にベッドに行きました

一見支えが必要に見える人と関わることによって 得られるもの

f0156235_15574861.jpg

[PR]
by orsomare | 2009-10-17 15:51
<< アトム 近頃のオーソ >>